『不耕起でよみがえる』 岩澤信夫著 創森社

2003年12月3日発行


○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○

目次

    序章 不耕起移植栽培が底力を発揮する理由

    第1章 近代化稲作がもたらしたもの

    第2章 不耕起栽培への模索と試練

    第3章 生きものいっぱいの不耕起の田んぼ

    第4章 メダカとトキと子どもたち

    第5章 ゆっくりと水資源をはぐくむ

    第6章 不耕起・冬期湛水の心得と準備

    第7章 不耕起・冬期湛水の主な作業

    終章  生物資源型農業をめざして


○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○

276頁 A5判 定価(本体2200円+税)

ISBN4-88340-168-5 C0061

「大いなる不耕起の実り〜序に代えて〜」より抜粋。


    耕さない田んぼでイネを鍛えながら野生化させ、本来持っている力をよみがえらせるイネつくりを

   してもらいます。耕さない硬い土に根を張れば、頑丈で太くてたくましい姿になり、たくさんのおコメを

   実らせるイネに育つのです。 もちろん、おいしいおコメになります。


    それだけではありません。 このイネつくりは、田んぼを耕さないことで、たくさんの田んぼの

   生きものたちが生きられる環境を整えることができるのです。

   つまり、このイネつくりをすることで、生きものたちのすみかが復元されて、多くの田んぼの

   生きものがよみがえるのです。 こういう田んぼをみつけてやってくる生きものもいます。



テンプレートのpondt